2/25進捗状況

吉井川九蟠作業所です。

2月初めから開始した地盤改良の、2月25日時点の進捗状況です。

設計の施工本数85本の内、20本終了しました。

1日あたり2本の完成というペースで、

ちょっと予定より遅れ気味ですが、1本1本確実に施工して

堤防の液状化対策を進めてまいります。

ちなみに、工事に使用するセメント系の改良材ですが、

粉粒体運搬車という専用の車で、毎日水島から3~4台運ばれてきます。

1本の改良体に使用する改良材は約14トンなので

85本施工すると約1200トン必要となります。

120台分(10トン積車)の改良材を今回の施工範囲(約40m区間)

に高圧噴射してしまうことになります。

暖かい日差しで、現場作業にはだいぶ助かりますが、

花粉症にはこれからがつらい季節です。

2019年2月26日