九蟠 4/16 進捗状況

吉井川九蟠作業所です。

4/12(金)に、地盤改良工の出来形確認を受けました。

105本中の5本ですが、1.5m掘削し、

改良体の頭を出して、径・杭芯・ラップ幅などを

発注者に確認していただきました。

写真の直系2.0mのセメントの柱が、

20m以上下にある固い地層まで造成されています。

工事完了後は何も見えませんが

今回施工した箇所の赤丸の105本の柱が、

堤防が液状化によって崩壊しないよう支えてくれるはずです。

当工事は、堤防道路の復旧を施工し5月中に規制解除して

終了となる予定です。

今少しの間、ご迷惑をおかけいたしますが、

ご理解、ご協力よろしくお願いいたします。

 

 

2019年4月17日